症例写真

診療科目:若返り・アンチエイジング
【50代女性・目の下の小じわ】newPRP後約2年経過
2012.7.15
担当ドクター : 西田 真 医師
ビフォー
ビフォー画像
写真を拡大する
目の下の皮膚が薄くなってたるみ、敷石を並べたような小じわが刻まれています。
肌の厚みを増し、しわを目立たなくさせる目的で、newPRP(成長因子添加無し)をおすすめしました。
↓
アフター
アフター画像
写真を拡大する
比較
比較
拡大
1年9ヶ月後です。
たまたま別のご相談でひょっこりおみえになったのですが、目の下の小じわが改善し、しかも二年近く維持できていましたので、newPRP後の経過の貴重な記録として、掲載をお願い致しました。
※症例写真集に掲載されている画像の無断転載・引用・借用等は堅く禁止いたします。
担当ドクターのコメント
私ども聖心美容外科は、プレミアムPRPによる若返りを得意としておりますが、これは比較的深い部位に注入して老化の凹みをふくらませる治療法です。
一方、このnewPRPは皮膚~皮下の浅い部位に注入し、小じわを目立たなくする目的で使用します。
表情皺にはボトックス優先ですが、皮膚が菲薄化したうえに弾力性を失ってできたような「小じわ」には今なお定評のある治療法です。
もっと知りたい
  • この施術に関連のQ&A検索はコチラ
  • この施術に関連の体験談はコチラ

関連施術(聖心美容外科オフィシャルサイトへリンクします)