症例写真

診療科目:豊胸術・バストの悩み
セリューション豊胸術(脂肪由来幹細胞移植)
2008.9.25
担当ドクター : 寺町 英明 医師
ビフォー
ビフォー画像
写真を拡大する
20代の女性
セリューション豊胸術(脂肪幹細胞移植)
術前のサイズはトップが81cmのBカップ
↓
アフター
アフター画像
写真を拡大する
術後3か月トップは86cmとなり、2カップのサイズアップです。術後1か月からバストサイズはほとんど変化なく、大きさが安定しています。
※症例写真集に掲載されている画像の無断転載・引用・借用等は堅く禁止いたします。
担当ドクターのコメント
セリューション豊胸術は、幹細胞と脂肪を同時に注入し、脂肪の定着を高める再生医療の一つです。
サイズアップの目安としては1.5~2カップ程度となります。
脂肪吸引も行うため、ボディライン全体が綺麗に整います。

【大阪院院長】寺町英明 医師/大阪院・名古屋院勤務
もっと知りたい
  • この施術に関連のQ&A検索はコチラ
  • この施術に関連の体験談はコチラ

関連施術(聖心美容外科オフィシャルサイトへリンクします)