Q&A検索

絞込み検索結果
診療内容:
相談内容:
入力キーワード:

最近、生え際の特にM部が薄毛化+後退が気になっています。

最近、生え際の特にM部が薄毛化+後退が気になっています。父が20代後半に既にM字ハゲで、父方母方の祖父も禿げています。遺伝的に自分も将来禿げてしまう運命なのかもしれませんが、20代~30代は髪の毛で悩みたくないという気持ちがあります。
プロペシアやミノキシジルは生え際に効果が薄い、使用をやめると使用前の状態に戻るという情報を聞きました。
そこで、グロースファクターで発毛した毛髪はやはりDHTの影響でまた抜けてしまうのでしょうか?
またプロペシアorアボルブで維持をしていかないといけないのでしょうか?
A. ドクターからの回答
 寺町 英明 医師
今回の場合は、やはりDHTの影響はプロペシアまたはアボルブで男性ホルモンの影響は抑えつつ、グロースファクターの治療を行なうことが必要でしょう。
まだご使用でないのであれば、これらの治療を早めに開始した方が良いでしょう。
※このQ&Aデータベースは、実際にあった患者様からの質問をデータベース化したものであるため、価格等の情報に一部古いものも含まれます。最新の情報については、実際にクリニックへお問合せ下さい。

このQ&Aに関連する診療内容はこちら