Q&A検索

絞込み検索結果
診療内容:
相談内容:
入力キーワード:

傷跡の色素沈着

虫さされか何か分からないのですが痒くなり掻いてしまい瘡蓋になりそれを何度もとってしまい結果虫さされ跡によくある茶色の色素沈着になってしまいました。ふくらはぎ部分でしこりなどはありません。色だけです。元々色白なので余計目立ちます。夏場は特に足を出す服装をするので来年の夏までにはというか春までにはこの色素を目立たなくさせたいです。どういった治療法になりますか?
A. ドクターからの回答
 西田 真 医師
色素沈着でお悩みとのことですよね。 ①皮膚に強く刺激を与えてしまうと色素沈着をきたしてしまいます。これを炎症性色素沈着といいます。 炎症性色素沈着にレーザーなどを当ててしまうと、逆に色素沈着が濃くなってしまいます。治療は、美白外用剤による治療となります。 
②炎症性色素沈着は、放置しておいても自然に改善します。一般的に炎症性色素沈着が改善するのに、顔:1年前後、腕:1~2年、脚:2~3年必要と言われています。 しかし美白外用剤を使用することによって、期間を短くすることができます(色素沈着が改善する期間は、個人差があります)。 来年の春というと、期間が短すぎるので難しいかもしれません。しかし使用したほうが早く改善しますので、使用を続けることをお勧めします。 
③当院では、ルミキシルという美白外用剤をお勧めしております。
※このQ&Aデータベースは、実際にあった患者様からの質問をデータベース化したものであるため、価格等の情報に一部古いものも含まれます。最新の情報については、実際にクリニックへお問合せ下さい。

このQ&Aに関連する診療内容はこちら