Q&A検索

絞込み検索結果
診療内容:
相談内容:
入力キーワード:

40歳女性、薄毛相談です。

40歳女性、薄毛相談です。
もともとおでこが広いんですが、20代前半からおでこの生え際が気になりだし、少しずつM字はげのように薄くなってきました。自分からみて右側が特に髪の毛が抜けて頭全体的に右側がボリュームがありません。
去年11月まで、2年半ほどピルを飲んでいて、その間にAGAの治療をしているクリニックへ1年間通い、ミノキシジルの薬1日2ミリグラムとミノキシジルの育毛剤2%と6%も併用しましたがまったく効果ありませんでした。
結局、副作用の体毛が気になり、1年飲んでも効果なかったので先生にも効果がなかったからやめてもリバウンドはない、といわれやめたのが去年6月。
その後ピルのみ飲んでいましたが、ピルの副作用のむくみがきつかったのでピルも去年11月でやめましたが、ピルをやめたら抜け毛がすごくなりました。ミノキシジルをやめたときはこんなことなかったのに、最近はかなりストレスを感じます。どうにか改善が望めるのでしょうか?注射の方法が2つ掲載されていましたがどんな違いがありますか?
A. ドクターからの回答
 美原 寿之 医師
薄毛相談ですね。最近は、女性の相談がとても増えております。女性の場合、男性のようにプロペシアなどは内服できず、副作用の関係で良い内服薬があまりないのが現状です。
そんな中、最近パンとガールという内服薬が出てきて好評です。もちろん、個人差もあり絶対的なものではありませんが、産後脱毛などにも効果を発揮しますので一度試してみても良いと思います。
注射の治療に関しては、現在、グロースファクター療法をおすすめしております。
注射で、成長因子を頭皮に打つのは痛みが強く大変でしたが、こちらは頭皮をチクチクと針でつつく程度でその後、成長因子を塗り込みます。
注射で行う方法のものも行っておりますが、現在は痛みの少ないグロースファクター療法が好評です。効果に関してもやはり絶対的なものでありませんが、グロースファクター療法が結果をだしていますよ。
※このQ&Aデータベースは、実際にあった患者様からの質問をデータベース化したものであるため、価格等の情報に一部古いものも含まれます。最新の情報については、実際にクリニックへお問合せ下さい。

このQ&Aに関連する診療内容はこちら