Q&A検索

絞込み検索結果
診療内容:
相談内容:
入力キーワード:

他院で経結膜下脱脂後半月ですが、窪み、影、皺の増強がみられます。

他院で経結膜下脱脂後半月ですが、窪み、影、皺の増強がみられます。先生は、1年は様子みて改善なければ、ヒアルロン酸を。再生が遅い人もいるので、いずれフラットになりますと言われました。
自己のもの、PRP(脂肪幹細胞)など、1年以内に早めにして、回復を促した方がいいのでしょうか? 説明やホームページのような結果ではないので、途方にくれています。(眼袋は皺になるので、なしで控えめにのはずだったのですが、くっきり眼輪筋付近の皺が強いのは癒着で治せないのでしょうか?窪みの皺なら、ボリュームのある非自己のもの考えないといけないのでしょうか?)
宜しくお願い申し上げます。
A. ドクターからの回答
 伊藤 康平 医師
経結膜下脱脂法は、基本的に、若い人向けですので、皮膚のたるみのある中高年においては、皺の増強は、必ずおこります。また脂肪を取ることにより、くぼみが強くなることもあります。
実際のところ、これらの症状は、経過を見ても改善することはありません。
皮膚のたるみが高度な場合は、目の下のたるみ取りの手術が必要になります。
もしくは、プレミアムPRPというもので組織を膨らまして、皮膚を引き締める施術を行います。
当院では、経結膜下脱脂法を行う際には、術後に、プレミアムPRPをした方がよいことを、あらかじめ説明しています。
※このQ&Aデータベースは、実際にあった患者様からの質問をデータベース化したものであるため、価格等の情報に一部古いものも含まれます。最新の情報については、実際にクリニックへお問合せ下さい。

このQ&Aに関連する診療内容はこちら