Q&A検索

絞込み検索結果
診療内容:
相談内容:
入力キーワード:

ニキビ跡の治療法について

にきびが出はじめて、10年程になります。
初めは思春期にきびで内服と軟膏を繰り返しました。
顔全体ににきびが出るという状態です。
ピーリング、フォトフェイシャルといろいろ試してきましたが効果がありません。

現在は大人にきびで、頬・顎ににきび跡(クレーター)があり、いまだににきびができるという繰り返し状態です。
何かよい方法があるかと探しています。
本当に良くなるのでしょうか?
A. ドクターからの回答
 伊藤 哲郎 医師
にきび跡についてのご相談ですね。
クレーター型のにきび跡には当院で行っているイントラセルという施術がとても効果的です。
1回の施術でクレーターが盛り上がり目立ちにくくなりますよ。
皮膚移植の必要はなく、イントラセル1回にて効果が実感できれば、回数を重ねることでさらに良くなります。

現在炎症しているにきびに対してはオバジ・クレンジングダームという可溶性BPO(過酸化ベンゾイル)が配合された治療薬があり、こちらも大変効果的です。

私がお勧めする治療方針はまず、オバジ・クレンジングダームを用いてにきびを抑え、さらには新たなにきび跡を作らせない。
すでにあるにきび跡に対してはイントラセルを行ってクレーターを浅くするということです。
※このQ&Aデータベースは、実際にあった患者様からの質問をデータベース化したものであるため、価格等の情報に一部古いものも含まれます。最新の情報については、実際にクリニックへお問合せ下さい。

このQ&Aに関連する診療内容はこちら