Q&A検索

絞込み検索結果
診療内容:
相談内容:
入力キーワード:

偽性女性化乳房の術後経過について

偽性女性化乳房ということで胸の脂肪吸引をしたのですが、左と比べ右の瘢痕化(?)が目立ちます。
乳輪の裏に乳輪を中心として半径2cmくらいの円形の硬い物体があります。
まだその部位の感覚だけなく、左と比べその物体がある分、直立時、胸が前方へ隆起していて手術前とあまり変わらないような気がします。
これは徐々に柔らかくなるとのことですが、柔らかくなった後、右胸だけ隆起した状態で残るのか不安です。
あと、左右とも乳輪がぷっくり隆起しています。
これはどうしようもないのでしょうか?
A. ドクターからの回答
 鎌倉 達郎 医師
男性の場合もわずかですが乳腺が存在します。
脂肪吸引した場合、胸全体が一時的に線維化により硬くなりますが、同様に乳腺周囲も硬くなり輪郭が目立ってくることが稀にあります。
通常は硬さのピークは1.5カ月ぐらいがピークでこれを過ぎるとやわらいできます。
それに伴って輪郭も目立たなくなってきます。

可能であれば1か月に1回程度輪郭が目立つ部分に傷痕を柔らかくする注射をうつと比較的早く落ち着いていきます。
基本的には放っておいても徐々に改善していきますが、可能であれば経過観察を兼ねて注射に来て頂くと良いですね
※このQ&Aデータベースは、実際にあった患者様からの質問をデータベース化したものであるため、価格等の情報に一部古いものも含まれます。最新の情報については、実際にクリニックへお問合せ下さい。

このQ&Aに関連する診療内容はこちら