Q&A検索

絞込み検索結果
診療内容:
相談内容:
入力キーワード:

頬をふっくらさせる方法に関して

頬をふっくらさせる方法に関して
1、最も効果のある方法
2、持続期間
3、術後のメイクやシャワーの可否
4、術後の腫れの有無やあるとしたらその期間

を教えてください。
A. ドクターからの回答
 西田 真 医師
頬をふっくらさせる施術をご検討中ですね。

施術としては、
ヒアルロン酸注入、脂肪注入、セリューション若返り、プレミアムPRP再生療法、プラスマジェル注入があります。

1、最も効果のある方法:こけた頬を元に戻す程度の改善では、プレミアムPRPが最も自然です。
  しっかりふくらませるには、ある程度しっかりした注入物である必要があり、PRP以外はいずれも似た質感です。
  ですが、生着の具合や持続期間が異なってきます。

2、持続期間:プレミアムPRPは、3~5年の持続があります。
  ヒアルロン酸は、SubQは豊胸に使うような素材なので持ちが良く、1~2年は優に期待できます。
  ジュビダームは素材が柔らかいので、自然ですが吸収が少し早いです1年前後という印象です。
  脂肪注入は、生着してしまえば一生ものですが、注入した分の3割ほどしか生き残りません。
  セリューション若返り(脂肪幹細胞移植)も生着すれば一生もので、8割ほどが生着する優れた方法です。
  プラズマジェルは安価で良い方法ですが、3~6ヶ月で吸収されてしまいます。

3、術後のメイクやシャワーの可否:脂肪注入とセリューションは、脂肪吸引を行いますので、脂肪採取部(太腿など)は3日間濡らせません。他の方法は、当日シャワーが可能で、メイクは翌日から可能です。

4、術後の腫れの有無やあるとしたらその期間:ヒアルロン酸の腫れは2~4日、プレミアムPRPやプラズマジェルだと5~7日、脂肪注入系だと7~10日は腫れがありますが、その後はすっかり落ち着きます。いずれも内出血のあざが5~7日ほど浮いてくる可能性があります。

結論から言うと、頬の上のほうを中心にこけた部分を戻していく程度でよければ、プレミアムPRPが一番バランスがとれた良い治療です。
ある程度しっかりふくらませるには、費用的に問題無ければセリューション若返りが一番良いですが、頬だけの施術だと勿体無い気がします。目の下、ホウレイ線、こめかみなど、費用は据え置きで総合的な若返りが可能ですので、それらのご希望もあればコストパフォーマンスが良くなります。
素材としては少し硬いですが、SubQは安価にお試し頂けます。

いろいろ詳しく書きましたが、実際に写真をお見せしながらお話しするともっと正確にお伝えできると思います。
カウンセリングは無料ですので、どうぞお気軽にご予約下さい。
※このQ&Aデータベースは、実際にあった患者様からの質問をデータベース化したものであるため、価格等の情報に一部古いものも含まれます。最新の情報については、実際にクリニックへお問合せ下さい。

このQ&Aに関連する診療内容はこちら