Q&A検索

絞込み検索結果
診療内容:
相談内容:
入力キーワード:

W-PRPと再生療法の違いについて

W-PRP療法と再生療法の違いについて、ご説明願います。
セルリバイブジータを入れられた方で、シコリが出来てしまった方も多く、ステロイド剤を治療をして悩まれてる方も多いそうですが、何故シコリが出来てしまうのか、教えていただきたく思います。
シコリが出来ないのであれば、治療を受けたいと思っております。
※また、W-PRPを注射してから体内に残っているのですか?
ご回答宜しくお願い致します。
A. ドクターからの回答
 佐々木 直美 医師
W-PRP療法と再生療法の違いをということですが、再生療法というのは、PRPも含めて、様々な組織を再生させることによって行う治療の総称です。ですから、W-PRP療法は、再生療法の一部ということになります。
セルリバイブジータでシコリができる原因は、ひとえに再生能力の高さによります。予想以上に組織再生が起こった結果がシコリですので、経過の良い例と全く違った異常事態が起きているという訳ではありません。
当院では世界最大の症例数を重ねることによって、患者様それぞれの症状、年齢等に合わせ、シコリなどの厄介な事態が起きないよう、細心の注意を払って治療プランを練っています。
私どもでも、過去にシコリができた例は皆無という訳ではありませんが、ここ最近ではほぼ0といっていいくらいです。
W-PRPでもセルリバイブジータでも、PRPが注入してから長く体内に残る訳ではありませんよ。効果を持続させるのは、PRPが反応して増殖した自身の組織です。
まずは、ご自分の症状がセルリバイブジータ(当院ではプレミアムPRP皮膚再生療法と呼んでいますが)治療に適しているのか診察しましょう。
※このQ&Aデータベースは、実際にあった患者様からの質問をデータベース化したものであるため、価格等の情報に一部古いものも含まれます。最新の情報については、実際にクリニックへお問合せ下さい。

このQ&Aに関連する診療内容はこちら