Q&A検索

絞込み検索結果
診療内容:
相談内容:
入力キーワード:

眉間とほうれい線のしわ、シミの治療について

私の相談は、50代になった母のことなんです。
母は、私が物心ついたときからすでに眉間に3本のしわがくっきりついていました。
50代になり、少しは性格もおっとりしてきて、自分の事に目がいくようになったのか、最近はやたらと整形したいと言っています。

もちろん、技術の進歩のおかげで、ヒアルロン酸をいれたり、ボトックスをする事が前ほど抵抗がなくなってきているおかげでもあると思います。

母のメインの悩みは、眉間とほうれい線のしわ、そして頬の大きなシミです。
このふたつをもし、治療したいとなった場合の治療法、それに伴った副作用が知りたいです。

副作用については特にくわしく教えていただきたいです。女性にとっての顔は一生に影響しますし、母にはいつまでも若々しくいてほしいので。

なにぶん、全てが初めてなので、素人さんたちがコメントできる一般的なネットでのQ&Aを避け、専門職のかたのアドバイスをあおいでいます。
長々と失礼いたしました。
A. ドクターからの回答
 伊藤 哲郎 医師
若返りについてのご相談ですね。
まず眉間についてですが、基本的にはボトックス注射にてしわが寄らないようにするのが良いと思います。

ただし物心ついた頃よりしわがくっきりしていたということなので、しわが寄らなくなってもしわの跡があると思います。
その場合にはヒアルロン酸、もしくはプレミアムPRP皮膚再生療法にてしわを目立ちにくくすることができます。

ほうれい線はヒアルロン酸、プレミアムPRP皮膚再生療法にて同様にしわを目立ちにくく出来ます。

頬のシミは実際に診察してみないとはっきりはわかりませんが、レーザーにて除去することができます。

副作用として、ボトックス注射は筋肉の麻痺が広く、表情が不自然となってしまうことがありますが、時間経過とともに改善します。
ヒアルロン酸、プレミアムPRP皮膚再生療法に共通するものとしては表面が凸凹となってしまうことがあります。その場合は追加注入で改善することができます。
レーザーでは色素沈着などの副作用の恐れがあります。
※このQ&Aデータベースは、実際にあった患者様からの質問をデータベース化したものであるため、価格等の情報に一部古いものも含まれます。最新の情報については、実際にクリニックへお問合せ下さい。

このQ&Aに関連する診療内容はこちら