Q&A検索

絞込み検索結果
診療内容:
相談内容:
入力キーワード:

小陰唇縮小術について

生まれつきなのか、左側が大きい。
右側と同じ大きさだったら…と思っていた所、
各所の症例を見ていく内に右側も決して適切な大きさ・形ではないのでは…と思うようになりました。
歳を追うごとに両方とも肥大している気がします。
それに合わせて黒ずみや、陰核(左側)と
大陰唇の大きさ(しぼんだ感じになっている)も気になってきました。

アトピーがあるので、掻いたり擦っていたのも原因ではないかとも思います。
見た目の悪さよりも、擦れるかゆみ、尿の飛び散り、経血の横漏れなど、機能的に不都合が多く、参っています。

また、手術するにしても術後の経過が心配です。
(麻酔のアレルギーは大丈夫だとは思いますが、縫合などの刺激でかゆくならないか、掻いてしまわないか)
皮膚疾患のある患者に対して、貴院ではどのようなご指導・処置をなさっているのでしょうか?

症状が落ち着いた頃が手術し時かなとは思いますが、現時点でかなり掻きむしった状態です。
手術を要する箇所を含めた見積もり=カウンセリングとなるのでしょうか?






A. ドクターからの回答
 伊藤 哲郎 医師
小陰唇縮小についてのご相談ですね。小陰唇を切除し、形を整えることで左右差だけではなく、小陰唇の黒ずみの改善もできます。当院では吸収糸を用いて縫合を行い、抜糸の必要もないでので、傷に対する刺激も少ないですよ。アトピーの患者様でもあまりかゆみを訴えることはないです。
カウンセリングは手術方法、術後の経過についての説明と診察になります。
※このQ&Aデータベースは、実際にあった患者様からの質問をデータベース化したものであるため、価格等の情報に一部古いものも含まれます。最新の情報については、実際にクリニックへお問合せ下さい。

このQ&Aに関連する診療内容はこちら