Q&A検索

絞込み検索結果
診療内容:
相談内容:
入力キーワード:

豊胸バックの抜去のリスクについて

初めまして。他院豊胸バックの抜去を考えております。
いくつか疑問があるので、回答を宜しくお願いします。
①ワイヤー入りの下着はいつから装着可能でしょうか?
②激しい運動はいつから行っても良いでしょうか?
③抜去のリスクはどのようなものがあるでしょうか?
④術後の圧迫はどのようなもので、何日圧迫しますか?
⑤麻酔は全身麻酔でしょうか?また麻酔担当医は立ち合いますでしょうか?
⑥ピルを服用していますが、中断しなくてもよいでしょうか?
⑦ドレーン使用の有無。また体液が溜まった場合はどのような処置でしょうか?

回答宜しくお願い申し上げます。
A. ドクターからの回答
 鎌倉 達郎 医師
可能な範囲で順番にお答えします。

①最短で1ヶ月後からです。可能であれば半年ぐらいはワイヤー無しの下着が望ましいですね。
②1ヶ月後からです。
③ごく稀ですが、抜去スペースへの血液、浸出液の貯留などでしょうか。
④最初の3日間はバンドで強めに固定します。その後、術後1から2週間程度はサポーターで軽めに圧迫しています。
⑤麻酔は静脈麻酔と局所麻酔の併用です。麻酔医の立ち会いはございません。
⑥ピルを内服している場合、血栓症のリスクが高まると言われています。原則的には術前4週間、術後2週間は休薬です。ただし、バッグ抜去のようなそれほど大掛かりでない手術の場合は自己責任で内服継続のまま治療を受けられる方もいます。
⑦ドレーンは基本的には1日間入れておきます。
初期の段階で出血による溜まりがある場合は再度開創して止血します。それ以外の場合は注射で吸引することになります。

以上、ご参考になさってください。
※このQ&Aデータベースは、実際にあった患者様からの質問をデータベース化したものであるため、価格等の情報に一部古いものも含まれます。最新の情報については、実際にクリニックへお問合せ下さい。

このQ&Aに関連する診療内容はこちら