Q&A検索

絞込み検索結果
診療内容:
相談内容:
入力キーワード:

肝斑治療の方法

20年くらい、肝斑に悩んでいます。
ルミキシルとレーザー照射のどちらかを試してみたいと考えています。
できるだけ費用をかけず、効果を期待したいのですが、レーザー照射の症例写真では、とても効果のある人とそうでもない人がいるように見受けました。

私のような古い肝斑は、回数を多く照射しないとだめなのかなと思います。

おすすめとしては、両方の併用でしょうか。
(費用的に両方は難しいですが・・・)
とにかく、肝斑をなくして、少しでもきれいな肌になりたいです。
A. ドクターからの回答
 西田 真 医師
できるだけ費用をかけずとなりますと、トラネキサム酸の内服(これはあらゆる治療とも必須の組み合わせになります。トラネキサム酸無しの肝斑治療はあり得ません)と、Nートレチノインの併用が良いと思います。

レーザーや光は、それらの治療効果を促進する効果があります。結果をお急ぎでしたら併用されるとよいですが、それは日差しが和らいでからのほうが良いでしょう。

トレチノインを先行使用していると、レーザーや光治療のダウンタイムが軽減します。
また、スキンケアの方法もとても重要です。
※このQ&Aデータベースは、実際にあった患者様からの質問をデータベース化したものであるため、価格等の情報に一部古いものも含まれます。最新の情報については、実際にクリニックへお問合せ下さい。

このQ&Aに関連する診療内容はこちら