Q&A検索

絞込み検索結果
診療内容:
相談内容:
入力キーワード:

バッグ抜去とセリューションを思案中です。

8年前に大胸筋下にバイオセルバッグ200ccを入れました。
いまだに片胸のみ痛みや違和感とリップリングらしき症状があり、抜去とセリューションを思案中です。
元のバッグが乳腺下か大胸筋下かで違いはあるものなのでしょうか?

抜去と脂肪注入が同日施術なら最も助かりますが、前回手術後の数日間に及ぶ痛み等の経験から躊躇もしております。
手術前後2~3日は近隣に宿泊するつもりですが、抜去と脂肪注入を別日にした方が身体の負担・仕上がり面で良い傾向ならば手術日を分けることも視野にいれて考えるつもりです。

また、最も心配なのは痛みと回復までの日数です。 
術後の宿泊中も帰宅後も1人のため、痛みと回復期間の問題で手術の時期を具体的に決めかねている状態です。
個人差とは思いますが、完全に回復(例えば術前と同じように運動など出来るまで)長い方でどれほどかかるものなのでしょうか。
A. ドクターからの回答
 伊藤 康平 医師
乳腺下でも、大胸筋下でも問題はありませんよ。
大胸筋下の方がより良いです。

抜去と、注入は同日に行うことが基本です。ほぼ全例同日で行っています。
その方が、より良い結果が得られます。
手術は4時間弱になります。
病院で数時間休み、近くのホテルなどに宿泊することになると思います。
今回の手術では、胸の方は、然程痛くありませんが、脂肪を取った太ももの方に、強い筋肉痛のような痛みがあります。
痛みはありますが、日常生活レベルの動作は積極的にした方が良いです。

回復についてですが、最初の3日間は、太ももは圧迫したままで、痛みも強い時期です。
その後はストッキングのみになるので、だいぶ楽になります。
約2週間で、内出血や腫れはほぼ引いてきますが、まだ多少の痛みはあるでしょう。運動以外でしたら、普通に生活している時期です。
1ヶ月でも多少痛みはあると思いますが、運動なども可能になってきます。
※このQ&Aデータベースは、実際にあった患者様からの質問をデータベース化したものであるため、価格等の情報に一部古いものも含まれます。最新の情報については、実際にクリニックへお問合せ下さい。

このQ&Aに関連する診療内容はこちら