Q&A検索

絞込み検索結果
診療内容:
相談内容:
入力キーワード:

毛髪再生治療の期間やリスクについて

1 成長因子を体内に入れることにより、発癌リスクなどは 高まりますか?

2 また 回数を重ねての治療が増えるほうが発癌リスクや 感染症の可能性は高まりますか?

3感染症の可能性があると伺いましたが、その種類や 可能性や どれくらいありますか?

4他の方の体験で 治療した部分に抜け毛が起こる場合もあるとありました。その場合は そのまま治療を続けても回復しますか?それとも 治療が体に合わないと言うことですか?

5ダウンタイムもある方もいると言う体験をみました。ダウンタイムはありますか?
あるとしたら 期間はどれくらい続きますか?

6 成長因子を注入することで 肌などは しこりや腫れが残る場合があるとありました。頭皮の場合にも そういう副作用はありますか?
何パーセントくらいの確率ですか?

7 女性の発毛率は どれくらいありますか?

8全く効果がなかった方もいらっしゃいました
こちらでも 全く効果がない場合もありますか?

9 ハーグ療法との違いを教えて下さい。

10またどちらが安全で 発毛率または効果は どちらが高いのでしょうか?

11 上記の他にも 何か リスクや 副作用がありましたら教えて下さい。

12 グロースファクター治療の中に ミノキシジルは含まれますか?

13 グロースファクター治療終了後は どんな治療で継続をさせていくのでしょうか?
一生続けて行くのでしょうか?

14 成長因子(グロースファクター)は育毛剤として使用するだけでも 感染症や リスクなどはありますか?
A. ドクターからの回答
 伊藤 哲郎 医師
1 発癌のリスクが高まるといった報告はありません。
2 同様に高まるといった報告はありません。
3 実際には感染症が起こるといったことはなく、可能性はほぼないと思います。
4 初期脱毛というのであれば、治療を続けても問題はありません。
5 ダウンタイムはあっても1日程度で頭皮の赤みです。
6 頭皮にしこりなどが起きるといった症例は経験していないので%は分かりかねます。
7 男女差はあまりなく7割程度です。
8 効果判定を定量的に行えないので、確かなことはいえませんが、見た目として効果がないと思えることはあります。
9 ハーグ療法に比べてグロースファクター再生療法は髪の成長に重要な成長因子のみを含んでおり、高濃度となっています。
10 どちらも安全性には問題ないとは思いますが、作られているのはハーグが韓国製、グロースファクター再生療法がアメリカ製です。当院では以前にハーグ療法も行っていた経験からはグロースファクター再生療法のほうが効果がよいです。
11 ほかにはないと思います。
12 ミノキシジルは含まれません。
13 ミノキシジルやKIPスカルプヘアエッセンスなどを続けていくのがよいでしょう。毛髪が減ってしまったときに再度グロースファクター再生療法を行うといいと思います。
14 感染症やリスクはありません。
ご不明な点がございましたら、再度ご連絡頂ければ幸いです。
※このQ&Aデータベースは、実際にあった患者様からの質問をデータベース化したものであるため、価格等の情報に一部古いものも含まれます。最新の情報については、実際にクリニックへお問合せ下さい。

このQ&Aに関連する診療内容はこちら