Q&A検索

絞込み検索結果
診療内容:
相談内容:
入力キーワード:

美白剤の使用について

肝斑、しみが両頬、額などかなり広範囲にあります。
ルミキシルを試してみたいと思うのですが、ブライトニングシステムも同時に使用した方がいいのでしょうか?費用が高いのでどうしようかと考えています。

大体どのくらいの費用を考えておけばいいでしょうか?
以前にも高価な美白剤を使用したことがあるのですが、効果は実感出来ませんでした。
他にも顔が赤くただれたこともありました。
できれば人知れずこっそ治したいと思っていますので、レーザーなどあまり考えていません。

一度カウンセリングに行ってみたいと思うのですが、費用が高かった場合断りにくくなるのではと心配です。
A. ドクターからの回答
 西田 真 医師
しみのご相談ですね。肝斑もあるとのこと。治療の考え方をご説明します。
まず、かならず必要になるのは、トラネキサム酸という内服薬です。
肝斑は、お薬を服用して身体の中から治していくことがどうしても必要で、逆にレーザーなど当てますとかえって悪化してしまいます。

その上で、外用薬を使うとなると「ルミキシルブライトニングシステム」か、「N-トレチノイン」をお使いになるのがよいと思います。
長年にわたるシミの治療は塗り薬だけでは少々荷が重いのですが、薄くなっていく可能性は十分あります。
ほんとうは、レーザーまではいかなくとも、それよりマイルドなフォトフェイシャルを施行するとより改善するのですが。。。

カウンセリングでは、それぞれの治療でどんな改善がありそうか、その加減をご説明します。
その上で決めていただければいいですし、決めたご予算以上になるときは一度お帰りになって考えていただいてもいいのです。
カウンセリングは無料ですから、どうぞお気軽にご予約くださいませ。

※このQ&Aデータベースは、実際にあった患者様からの質問をデータベース化したものであるため、価格等の情報に一部古いものも含まれます。最新の情報については、実際にクリニックへお問合せ下さい。

このQ&Aに関連する診療内容はこちら