Q&A検索

絞込み検索結果
診療内容:
相談内容:
入力キーワード:

プレミアムPRPについて

プレミアムPRPについて色々調べてみましたが、高いお金を払ったのにあまり効果がなかった!とか、
注入後しこりができてそれが元に戻らなくなった!やらなきゃ良かった!という何人かの口コミを読んで怖くなりました。
仕事柄人前に立つので、失敗すると凄く困るのです。悩んでいます。
A. ドクターからの回答
 西田 真 医師
PRP皮膚再生療法についてどうするかお悩みですね。
まず大事なことは、PRPには二種類あるということです。目的や効き方が真逆といってよいほど異なります。

まず昔からある通常のプレーンなPRPは、皮膚の小じわに適用します。
皮膚の浅層にうっすら厚みを増させてしわが入りにくくするものです。
ですが、細胞の元気度に左右され、それこそ「あまり効果がなかった!」と言われることもあります。しかし過剰に効くことがあり得ないぶん、しこりができたりすることもありません。

一方、成長因子添加のプレミアムPRPの場合、浅層ではなく深部に注入します。
この方法は効かないということはありません。よほど高齢(80代以上など)でない限りかならず何らかの変化が出ます。
それほどのポテンシャルがあるからこそ、使いすぎには注意で、膨らみすぎやしこりの原因になってしまうことがあるのです。
ですがそれも私どもにとっては昔の話で、今のレシピ・方法で問題になることはほとんどありません(絶対とは言い切れないのが生体相手の仕事のむずかしさではありますが)。

ちなみに、目尻のしわにはしこりができるほどの注入はしません。
しわに超微量・間隔をあけて注入し、直線の深いしわを、点線にすることで目立ちにくくさせるという戦略をとります。
本来の用法からはいささか例外的な処置方法です。

、、、というふうにPRP前提に話をしていますが、原則的には、目尻のしわにはやはりボトックスがファーストチョイスです。
昔ながらのともかくしっかり効くことが美徳であった方法からは、いまやずいぶん進化しています。
動きを残すが皮膚のハリをだすボトックス(メソボトックスという方法です)、通常のPRP(当院の名称ではnew-PRP)の組み合わせは、そういう意味では全く無難です。

美容医療は、まだまだハイリスク・ハイリターンの側面があります。
ですが、ローリスクなものも組み合わせることで素晴らしい結果を発揮させることができます。
しかも一度の変化量が少ないために、他人にばれにくく、いつのまにか「あれ!?○○さんってこんな若々しかったっ?化粧法の変化かしら?」と周りに思わせるには最適とも言えます。
いざ施術まではいろいろな可能性をご検討ください。
※このQ&Aデータベースは、実際にあった患者様からの質問をデータベース化したものであるため、価格等の情報に一部古いものも含まれます。最新の情報については、実際にクリニックへお問合せ下さい。

このQ&Aに関連する診療内容はこちら