Q&A検索

絞込み検索結果
診療内容:
相談内容:
入力キーワード:

バッグ除去と同時にセリューション豊胸術

以前に他の医院でバッグによる豊胸手術を受けました。その後、左の胸が固くなってきているような感じもあり、また、レントゲンを撮影した際にバッグがあることがわかるのがとても嫌で、バッグの撤去を考えています。
でもまだ年齢的にいきなり胸がなくなるのも寂しく、脂肪を使った豊胸も同時に考えています。
1ヶ月程の短期間でバッグの抜去と豊胸の同時手術を受けることは可能なのでしょうか?
A. ドクターからの回答
 西田 真 医師
バッグの拘縮が起こっているようですね。こうなると抜去するよりほかなくなります。
なお、脂肪による豊胸は、むしろバッグ抜去と同時がおすすめです。バッグが入っていたスペースには注入できないのですが、まわりの皮膚にゆとりがあるため、そのぶん生着できるスペースのゆとりにつながります。
ちなみに選択肢としては、ただの脂肪、ピュアグラフト豊胸(他院のコンデンスと同等クラス)、セリューション豊胸(脂肪幹細胞移植。脂肪のたくわえが多めの方で可能です)の3つがあります。
生着率と、トラブル発生率(しこり形成など)が歴然と異なってきます。
今やただの脂肪注入はほとんど行われていませんが、ピュアグラフトであれば2(~3)回、セリューションですと1(~2)回で満足いく結果に導ける可能性が高いです。
脂肪がどの程度あるかがまずは大事です。できれば事前に診察させていただきたいところです。
※このQ&Aデータベースは、実際にあった患者様からの質問をデータベース化したものであるため、価格等の情報に一部古いものも含まれます。最新の情報については、実際にクリニックへお問合せ下さい。

このQ&Aに関連する診療内容はこちら