新着情報

  • Home
  • >
  • 新着情報
  • >
  • 【国際交流】米国の美容外科医師団が当院の再生医療技術を視察

【国際交流】米国の美容外科医師団が当院の再生医療技術を視察

アメリカの美容外科医3名が、当院の再生医療技術・施設を視察するため来日しました。当日は鎌倉統括院長による、脂肪組織由来幹細胞移植の手術や、再生医療に関するプレゼンテーションのほか、幹細胞に関する活発な情報交換が行われました。

今回アメリカから来日されたのは、アメリカ美容外科界の権威 Mark Berman,M.D,F.A.C.S.(AMERICAN ACADEMY OF COSMETIC SURGERY会長)、MAURICE P. SHERMAN,M.D., F.A.C.S.(DELMAR Cosmetic Medical Centerセンター長)、William T. Chen, M.D. (Bay Medical Center for Cosmetic & Laser Surgery)の3名です。

鎌倉統括院長による脂肪組織由来幹細胞移植手術の視察や、再生医療に関するプレゼンテーションのほか、日米の幹細胞に関する医療情勢について、活発な情報交換が行われました。

当院におけるセリューションシステムを用いた脂肪組織由来幹細胞移植の症例数は世界一となっており、現在アメリカ国内でも当院の再生医療技術が注目されています。そして、当院の取り組みが評価され、同日、AMERICAN ACADEMY OF COSMETIC SURGERYより感謝状を頂きました。

(写真)脂肪組織由来幹細胞移植視察時、来日した医師団

(写真)脂肪組織由来幹細胞移植視察時、来日した医師3名と

≫その他の「国際交流・共同研究」情報はこちら

page top