新着情報

  • Home
  • >
  • 新着情報
  • >
  • 【学会報告】IMCAS ASIA(香港)にて鎌倉統括院長が講演

【学会報告】IMCAS ASIA(香港)にて鎌倉統括院長が講演

7月10日に香港で開催された世界的な美容・アンチエイジングの学会「IMCAS ASIA」にて、鎌倉統括院長が2つの講演を行いました。また、7月11日にはセリューションシステム開発元であるサイトリ・セラピューティクス社(米国)主催の「再生医療セミナー」が開催され、鎌倉統括院長と東京院 伊藤院長がそれぞれ講演を行いました。
世界的な美容・アンチエイジングの学会においても、再生医療に関するテーマは参加者の高い関心を集めていました。

IMCAS ASIA International Master Course of Aging Skin

IMCAS講演証明書
○日時: 2010年7月10日(土)~12日(月)
○場所: 香港コンベンションセンター
1 Expo Drive, Wanchai, Hong Kong
【左画像】IMCAS講演証明書
 
 
○鎌倉統括院長の講演内容
  1.脂肪由来再生細胞による豊胸術について
  2.脂肪吸引技術の違いによる幹細胞の生存度

鎌倉統括院長の講演

~サイトリ・セラピューティクス社主催~ 美容外科・形成外科における幹細胞と再生細胞の適用

○日時: 2010年7月11日(日) 5:00p.m.~7:30p.m.
○場所: ルネッサンス・ハーバービューホテル(No.1 Harbour Rd., Wanchai, Hong Kong)
○鎌倉統括院長の講演内容
  1.脂肪由来再生細胞移植の症例報告
○伊藤院長の講演内容
  1.幹細胞バンクの可能性

鎌倉統括院長の講演 伊藤院長の講演

page top