新着情報

  • Home
  • >
  • 新着情報
  • >
  • 【学会報告】カナダで開催された世界最大の形成外科学会(ASPS)にて鎌倉統括院長が講演

【学会報告】カナダで開催された世界最大の形成外科学会(ASPS)にて鎌倉統括院長が講演

10月1日~5日にカナダ(トロント市)で開催された、世界最大の国際的形成外科学会 「ASPS(American Society of Plastic Surgeons)」が主催する 「Plastic Surgery 2010」 にて、4日鎌倉統括院長が講演を行いました。

ASPS(American Society of Plastic Surgeons)は、世界最大の国際的な形成外科学会です。大変権威のあるアメリカの形成学会であり、世界最多の医師登録数を誇ります。
今回開催されたのは、同学会主催のコンベンション「Plastic Surgery 2010」です。

今回の学会講演においては、日本からは唯一鎌倉統括院長と伊藤院長(東京院)の発表のみが受理され、講演に至りました。

========================
■■ Plastic Surgery 2010 ■■
主催: ASPS(American Society of Plastic Surgeons)
========================

○日時: 2010年10月1日(金)~5日(火)
○場所: Metro Toronto Convention Centre (カナダ、トロント市)
South Building, 222 Bremner Blvd. Toronto, ON M5V 3L9 Canada

■鎌倉統括院長の講演内容 (10月4日)

Single treatment Autologus Breast Augmentation with Adipose-derived regenerative cell-enriched fat graft (鎌倉達郎/共同研究者:伊藤康平)

鎌倉統括院長の講演には100名程度の医師や医療関係者が出席するなど、世界的な形成外科学会においても、幹細胞に関するテーマは参加者の高い関心を集めていました。

page top